通夜 マナー

サイトマップ

通夜とは故人の傍で別れを惜しむ事を言います。

通夜という儀式は、故人の霊をなぐさめ、邪霊の侵入を防ぐために、香を焚くというのが意味あいとして言われます。

通夜では遺族や故人と生前親しくしていた人達が、夜通しご遺体と過ごします。

通夜の本来の姿で「夜伽」とも言われます。

通夜は午後6時〜7時頃に始まり、9時から10時頃に終わるのが一般的でしょう。

通夜の基本マナーとしては読経の始まる前に伺い、焼香の後、僧侶の退席を目安に辞去する事が基本でしょう。

通夜のマナーとしては悔みの挨拶時に注意です。遺族の気持ちを察し、「心よりお悔み申し上げます」程度に切り上げる事も大切です。

>>通夜のマナー完全チェックはコチラ


通夜の服装

通夜での服装は、儀式ではないので正装する必要はありません。マナーとして地味なスーツやワンピースが基本の服装と言えます。アクセサリー類は原則としてしません。通夜でなく葬儀・告別式では基本として喪服(礼服)ですが、喪服でなくても黒、グレー等の地味な装いであれば構いません。男性で礼服でない場合は黒ネクタイや腕章を着用します。

通夜の服装の次は通夜での作法が気になりますね。流れとしては、通夜の受付で名前を記入、若しくは名刺を渡し、香典を出します。通夜受付がない場合は祭壇に供えます。その際金封の表書きが祭壇から正面に見えるように置きます。

通夜の部屋に入ると軽く一礼し入室、そして遺族に短くお悔みを述べ祭壇の前に進み焼香をします。告別式に参列できず通夜のみの出席の場合は、近親者か世話人にその事を伝え、お詫びしておくのがマナーです。マナーとしては帰る前に、再度祭壇の前に進み合掌するのが○

通夜に行く服装

通夜に行く服装は?

と聞かれたらスグにこたえられますか。

喪服を着ていくのはよくないと言われるがホント?

香典は持っていくものなのでしょうか?

知ってそうで意外と知らないのが通夜のマナーでしょう。しっかり復習しておいて下さい。

本来通夜というのは危急な話なので、地味な平服であればOKというのが正しい……

ですが、最近の傾向からすると通夜でも喪服着用が主流になって来た感がします。

平服の理由としては喪服を用意していたというのは、暗に死ぬのを待っていた と思われる。
         通夜の意味合いが、死の確認で喪服は変

という事になります。



最近の通夜の傾向から通夜は夕方から夜に行われます。逆に葬儀は午前中から昼ごろが主流なので仕事の都合お上昼間に参列できない人々が弔意を告げに通夜に参列するケースが急増していて、既に夜の葬儀って感じがします。そうなると喪服も香典も通夜なので受け取らないという訳にはいきません。

そんな訳で最近の通夜のマナーとしてはどちらもOKです。

通夜の席次と焼香のマナー

通夜の席次と言っても、特に決まった席次というのはありません。が一般的には祭壇に向かって右側奥から喪主、遺族、近親者、一般知人、友人、会社関係者と血縁の順に座るのが普通でしょう。弔問客は先着順が基本です。

通夜の作法で悩むのが焼香の作法でしょうか?基本マナーを順番に記してみます。前段として数珠は焼香時に必須です。

@次の人に会釈→祭壇前の遺族の並ぶ末席まで進み→僧侶と遺族に向かい一礼します。

A焼香のできる位置まで進み、位牌と戒名と故人の写真をみて一礼します。ここで祭壇の前に座布団があってもこれは、僧侶用です、座布団をよけ、一礼してから焼香。焼香後遺族に一礼して座布団を元に戻します。

B香箱から右手の親指、人差し指、中指の3指で香を少量つまみ、香炉の中に静香に落とします。(焼香の回数等は宗派・地域で異なりますが1回焼香で問題ないでしょう)

C焼香の後合掌し、深く一礼して席に戻ります。

「通夜のマナー」について

通夜のマナーを学びイザという時に備えましょう。

Copyright © 通夜のマナー. All rights reserved