Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

FrontPage

はじめまして

ようこそ!
遺言のすすめ

基本的な遺言あれこれについて紹介します。
遺言は慎重さが求められますが、作成自体は方式によっては簡単なものです。簡単なだけにトラブル回避のための遺言がかえってトラブルを起こしてしまうこともあるのですが…。

正直、大切な財産のことですから、保険と考えて専門家に依頼することをお勧めしますが、そこはあなたの判断次第です。

遺言を書く心得とは?

遺言を書こうと思ったきっかけは何でしょうか。病気になった。知人が亡くなった。交通事故にあった。子供と大喧嘩した。などの気分が落ち込んだときでしょうか。
そのようなときに遺言書を書くことは基本的にお勧めしません。なぜなら平常心ではないと思われるからです。

遺言書をかくときは、是非のんびりとした日常が続いているときをお勧めします。

  1. ご自身の死期が近づいている
  2. 認知症の初期である
    特に上記の場合で遺言を残す必要があると考えているのであればすぐに行動に移してください。まずは専門家の無料相談等を利用して遺言の要不要・遺言の方式の判断を仰ぐと良いでしょう。

そして、以下のことを考えるようにしてください。

  • 遺言の方式によるメリット/デメリットを理解して書く
    • 公正証書遺言と自筆証書遺言では作成方法/相続する人の負担など大きく異なります
  • 相続人の遺留分について考える
    • 配偶者/子/親には最低限度の相続する権利があります。遺留分を侵害する遺言を書く場合には、事前の了解や遺族が納得できる理由がひつゆでしょう
  • 残される家族の生活を考える
    • 「財産と呼べるのは家だけ」の場合、家を同居親族に残さなければ住む家がなくなってしまいます
    • 借金については生前にでもわかるようにし、生前秘密にする場合でも相続人が相続放棄をする必要がある可能性デザインより、中身が大事
    • 何度も作り直しができることを利用して、中身を洗練させてください
    • 思いついたら、どんどん書き足してください

是非 ご活用下さい!!

困ったことは、会員専用サイトなどで調べましょう!

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional