祭壇 種類

祭壇について

祭壇は、故人の魂をあの世へおくる供養の表現です。この祭壇は、各地の慣習によって様々な飾られ方をします。

お葬式での祭壇の役割は、故人を祀る為の象徴です。宗教によって祭壇の形態は変化します。また、宗派によっても多少の変化があります。

祭壇には沢山の種類があり、値段にも幅があります。通常、祭壇の運搬費、維持管理費、セッティングに関る人件費などは集約した葬儀全体の施工費の中に組み込まれている場合が殆どです。

葬儀の種類と形

家族葬
家族、友人など、限られた方を対象に行われる葬儀です。他人の目を気にせず、故人の個性を尊重した内容の葬儀を行うことができます。

葬儀の内容、段取り、全て家族の理解、決定の元に進めて行く事ができるのがメリットです。家族葬は香典の辞退、会葬礼状を作成しない、通夜供養、葬儀供養をしない、名木を立てない等、一般葬と違う形を作ります。

音楽葬
従来のしきたりを捨て、ふんだんに音楽を使った葬儀です。葬式の入場から出棺まで、すべてBGMを決め、お葬式の雰囲気を決めます。故人の趣味、嗜好に合わせた音楽で葬儀を構成しますので、より深く故人を偲ぶことが出来るという利点があります。

水葬
海が好きだった故人を偲んで葬儀を洒落た船の上で行うもので、近年増えています。
ナイトクルーズや屋形船を浮かべて・・・等いろんな形で行われます。儀礼的ではない、心に残る葬儀になるでしょう。

祭壇の種類と葬儀の演出

白木祭壇
祭壇の中で今まで最も多く使われてきた祭壇とされています。その白木祭壇の中でも総檜造りの無垢のものは、超一流の最高級品とされています。そしてこの白木祭壇が一般に良く用いられるようになったのは、第二次世界大戦後と言われています。

生花祭壇
きれい、親しみやすい、故人が好きだった花で送ってあげたいという理由で近年好まれて使われているのが生花祭壇です。この生花祭壇は花の種類、量によって費用が変ります。生花祭壇の良い所は納棺時に、祭壇の花を棺の中にいれる事ができるので、送る気持ちを表現するのに都合が良く、生花祭壇が好まれる一因となっています。

葬式の演出として最近多いのは、葬式会場の一角にアルバムを置いたり、愛用していた遺品、故人の作品などを展示したり・・またビデオ、DVD等を映して生前の故人の在りし日を流し、故人を偲んだりします。

通夜 マナー

 

サイトマップ

子供の入学式と母親のスーツ名医が教えてくれた”わきが”克服法!Dr.N−BCマニュアルいびき対策とグッズの関係激安ペットシーツは楽天がお勧め!