犬の細菌・真菌性皮膚病は、犬の皮膚に常に存在している常在菌が、傷口などから皮下へ侵入し、湿疹やかさぶたができる皮膚の疾患です。

人にも犬にも、皮膚の表面には数種類の細菌が常に存在しています。
若くて健康なうちは特に異常が見られなくても、加齢による免疫機能の低下、ホルモンバランスの乱れ、栄養の偏り、ストレスなどが原因となって、皮膚の表面の細菌のバランスが崩れる事で発症します。




犬の細菌・真菌性皮膚病に

光触媒テクノロジーから誕生した、安心安全な抗菌、除菌、消臭ミスト
光触媒テクノロジーから誕生した、
安心安全な抗菌、除菌、消臭ミスト


犬の膿皮症

 

膿皮症は、犬が引き起こす皮膚病の中では最も多い疾病です。

 

不衛生で汚い環境にいると、皮膚の擦り傷や噛み傷から黄色ブドウ球菌などが侵入し、皮膚が赤くなり痒みが起こるようになります。

 

最初のうちは皮膚の表面にポツポツと小さな赤い発疹が見られる程度ですが、膿皮症は強い痒みを伴いますので、痒い部分を何度も噛んだり掻くために、さらに広い範囲にまで感染が広がり、皮膚の色が黒ずんでいきます。

 

黄色ブドウ球菌は、人や犬の表皮に常に存在している常在細菌です。

 

免疫力が健全で健康な犬は、傷口に黄色ブドウ球菌などの細菌が入っても特に異常が出る事はありませんが、抵抗力が衰えてきた老犬やもともと皮膚の弱い体質の犬は、皮膚の内部で細菌が増殖しやすくなるため、このような細菌の影響を受けやすいのです。

 

また、アレルギーやアトピーなどによる皮膚炎を抱えていたり、フケや皮脂の多い体質だと、皮膚のバリア機能が弱いために細菌が繁殖しやすくなります。

 

この膿皮症を予防するためには、日頃から愛犬の体をしっかり拭いて、体を清潔に保つ事が大切です。

 

また、ベッドやマットも抗菌スプレーなどで細菌が繁殖しにくい環境にする事で、細菌の感染を未然に防ぐ事に繋がります。

 

症状がひどくなる前から、愛犬の生活環境は衛生的に保つように心がけましょう。


光触媒テクノロジーから誕生した、安心安全な抗菌、除菌、消臭ミスト

もし愛犬の体の一部で脱毛や赤い腫れや湿疹が見られたり、頻繁に噛んだり 引っ掻いたりする様子を見かけたら、
犬の細菌・真菌性皮膚病を疑いましょう。
犬の皮膚トラブルは、放っておくとどんどん症状が悪化して治りが遅くなります。
少しでも異常を見かけたら、症状が悪くならないうちに、早めに動物病院で適切な診断を受けるようにしましょう。