南極のリュミエールお~くんのお笑い動画倉庫

ゲーム動画ランキング
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.スポンサー
2.堂真理子
3.ばばあ
4.統合失調症
5.輪舞 ロンド
6.右手
7.ジャン・ミッシェル・ジャール
8.あの鐘を鳴らすのはあなた
9.笠原秀幸
10.杉崎ゆきる

ギャルランキング
MAX OUT 凄く心打たれた!
かなりの触発Music
だと感じた!
♪ドラマ主題歌=踊れ
を聴いてスゲーと思って
念願に買ったけど、
他の曲も
劣らないくらいイイ〜っすょ!!

ローマ教皇ベネディクト16世のためのコンサート マリス・ヤンソンスの第九 [DVD] 普段なら近くにも寄れないようなローマ法王のお姿を存分に楽しめます。
(とはいっても私はキリスト教を信じているわけでもないのですが)
肝心の第9。鬼気迫るヤンソンスの姿を見ているだけで手に汗握ります。
最初は怖いのだけど、すこしずつ神々しさを感じてしまいます。
力強い合唱団の歌も感動ものです。


いつも心に太陽を [VHS] 1967年の作品、もはや学園ものの古典と言える作品

黒人教師サッカレイは大学を卒業したものの本来なりたかった技師の職をなかなか見つけることができず、白人が主の高校に教師として着任する。その高校は自由教育を謳っているが、実態は生徒への制御が効かない状態で荒れ果てていた。その中でもサッカレイが担当することになった卒業間近の3年生のあるクラスは、前の先生が手を拱いて逃げ出してしまったほどの悪童揃いで、周りの先生もほどほどでいいんですよ、あまり頑張らないでとアドバイスする。

 しかし、サッカレイは人格者であり、決して上から目線で生徒に物を言うことはなく、静かに冷静に語りかける。生徒の話にはきちんと耳を傾けるが、一方で自分の話もきちんと聞くように要求する。単なる物分りの良い先生ではなく、きちんとした判断基準に基づいて生徒に接していく。そして毎回、それは正しいか?、受け入れられるか?と生徒に真正面に問いかける。時には、正しくてもこちらがいったん引かなければならないことがあることが社会のリアリティであるということも教える。それが本物であるがゆえ、生徒は次第にサッカレイに心を開いていく。

サッカレイの毅然とした公平な態度は学園の世界だけではなく、実社会でも十分に有益な示唆を与えてくれる。サッカレイは自省できる人間であり、素晴らしい。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
◆JPOPランキング◆

today:005 yesterday:017
TOTAL:34171